歯周病について

ホーム > 歯周病について > 歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

Step1.歯周組織検査

歯周組織検査

レントゲン撮影や歯周基本検査を行います。

歯周基本検査は歯周ポケットの深さ、歯の動揺度、歯ぐきの出血傾向などを調べる歯周治療に欠くことのできない検査です。

同時に虫歯や顎関節などをチェックし、口腔全体を治療する計画を立てます。

Step2.診断・治療計画

診断/治療計画

検査結果を診断し、治療計画をお伝えいたします。

歯周病治療に対するご希望や不安、悩みなどをお聞きいたします。

Step3.歯周基本治療(プラークコントロール)

プラークコントロール

歯周病の治療で一番大切なことは、いかに上手く歯を磨くかということです。

ブラッシングができていないと歯周病の治療は成功しません。

歯ブラシはコンパクトで毛束の少ないものを選んでください。

歯ブラシの交換は2週間を目処にしてください。

現在市販されている歯ブラシで1か月以上使えるものはないようです。

PRC(プラークコントロールレシオ 磨き残し率)を計算して20%以下になるように、患者様に合った磨き方を丁寧にご説明いたします。

Step4.歯周基本治療(スケーリング・ルートプレーニング)

スケーリング・ルートプレーニング

歯石は、歯肉縁上歯石(しにくえんじょうしせき)と歯肉縁下歯石(しにくえんかしせき)に分類できます。

歯肉縁上歯石は歯ぐきのレベルより上に付く歯石で目に見えます。

一方、歯肉縁下歯石は歯ぐきの下に隠れて見えることは少ないです。

まず歯肉縁上歯石を除去してプラークコントロールを行いやすくします。

歯肉炎ならこの治療だけで治ります。

次に歯肉炎下歯石の除去を行い、ルートプレーニングを行います。

Step5.歯周組織検査(再評価)

再歯周組織検査

歯周組織検査を再び行って治療効果を評価します。

ここで良好な結果が得られたらプラークコントロールを継続してメンテナンスに移ります。

Step6.歯周外科治療

歯周外科治療

検査の結果、歯ぐきの治癒が悪い場合、歯周外科治療を行う場合があります。

これは歯ぐきの切開を行い、積極的に歯ぐきを治す方法です。

治療法として、組織付着療法、歯周組織再生療法(骨移植、GTR法)などがあります。

Step7.歯周組織検査(再評価)

再歯周組織検査

歯周外科治療後、さらに歯周組織検査を行って治療効果を評価します。

今後のメンテナンス方針を診断します。

Step8.メンテナンス/サポーティブペリオドンタルセラピー

  • ・メンテナンス
  • メンテナンスは、歯周治療により治癒した歯周組織を、長期間維持するための健康管理です。

    メンテナンスは、患者本人が行うセルフケアと、歯科医師・歯科衛生士によるプロフェッショナルケアからなります。

  • ・サポーティブペリオドンタルセラピー
  • サポーティブペリオドンタルセラピー(SPT)は歯周病の治療により、病状安定となった歯周組織を維持するための治療であり、ブラッシング指導、専門的機械的歯面清掃(PMTC)、スケーリング、ルートプレーニングなどからなる包括的治療です。

    歯周病治療 症例紹介

    歯周病治療症例紹介
  • 院長挨拶
  • よくあるご質問
  • 瀬戸歯科ブログ